第二回 「幸せ鈴」のお焚き上げ
d0167223_13422090.jpg

山頂での人気スポットの1つに、福仙人神社の鈴投げ広場があります。

黄金鈴のハートめがけて、お客様は念願成就を祈りながら、鈴を投げます。
d0167223_13432727.jpg

入らなかったお客様は、

d0167223_1344309.jpg

鈴結び所に鈴を結んでお帰りになります。

この結び所の鈴と黄金鈴の中の鈴を、毎日々々、山頂で一番のパワースポット『和合権現』に奉納しています。
d0167223_1347117.jpg


昨年1年間で本当に沢山の鈴をお預かりいたしました。
d0167223_1349856.jpg

新年 1月2日午前11時より、『和合権現』前にてこの鈴の「お焚き上げ式」をとり行いました。

d0167223_13502962.jpg

d0167223_13505513.jpg

d0167223_13512510.jpg


神官さんに神様へ、昨年の願掛けのお礼と、今年のお客様の健康・幸運・安全をお願いして、式は滞りなく終了いたしました。
ありがとうございました。



ロープウエーのオリジナル和紙の袋『神頼み』を買われて、宝くじが当選したお客様からお預かりした 夢袋も同時にお焚き上げをいたしました。

d0167223_13524541.jpg

社長
2013/1/2
[PR]
# by shosenkyo-r_01 | 2013-01-03 08:34 | ロープウェイ
お客様にお喜びいただける山頂を目指して
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

ロープウェイ山頂は和合権現
d0167223_93272.jpg

浮富士広場
d0167223_9333931.jpg

など人気のパワースポット

うぐいす谷
d0167223_9353727.jpg

展望台
d0167223_9422998.jpg

などの絶景スポット

鈴投げ広場
d0167223_9455060.jpg

約束の丘
d0167223_9473613.jpg

などのお楽しみスポットで、お客様をお待ちしております。

本年は、もっともっとお客様に感動していただける山頂にすべく、従業員一同、知恵と工夫を凝らす所存です。

本年も、お客様にとって更に良いお年でありますよう、お祈り申し上げます。


社長
2013/1/1 元旦
[PR]
# by shosenkyo-r_01 | 2013-01-01 09:52 | ロープウェイ
放浪の旅 北編 12月2日(7日目最終日)
昨日の札幌での寝坊を反省し、今朝は4時に起床。
時刻表とにらめっこで結論が出た。

今回の旅の最大の目的は東北新幹線「はやぶさ」のグランクラスに乗ることであった。
そしてこの旅のルールとして、本日中に甲府駅に到着することにある。

このためには「はやぶさ6号」(新青森駅18時14分発又は盛岡駅19時4分発)に乗る必要がある。


第一案として、酸ヶ湯温泉にゆっくり入って、青森市内をぶらつくのも魅力的だが、時間が余りすぎるのが気に入らない。
そこで、青森―男鹿―秋田―角館―盛岡のルートで、列車を乗り継ぐことにした。
まずは、なまはげを見に男鹿半島へ。

1.奥羽本線 特急つがる2号 秋田行き
  青森駅5時44分発 秋田駅8時24分着
d0167223_12184919.jpg

d0167223_1045019.jpg

d0167223_106171.jpg


2.ローカル男鹿線 男鹿行き
  秋田駅8時55分発 男鹿駅9時53分着
d0167223_1035594.jpg

d0167223_9292738.jpg

d0167223_12282947.jpg

男鹿駅に降りたものの、観光客は私の外に青年が1人。
彼も考え込んでいるので、2時間6000円の観光タクシーを2人でシェアした。

なまはげ会館でなまはげの実演を見た。
d0167223_9582081.jpg

d0167223_1224869.jpg


男鹿半島をぐるりと1周し、運転手お勧めの食堂で降りて青年と昼食。
d0167223_12315894.jpg

d0167223_12342917.jpg


3.ローカル男鹿線 秋田行き
  男鹿駅13時33分発 秋田駅14時27分着

4.奥羽本線 秋田新幹線こまち32号 盛岡行き
 秋田駅15時6分発 角館15時49分着
d0167223_10124932.jpg

d0167223_10142238.jpg

d0167223_1018321.jpg

角館駅も夕方で観光客は誰もいない。
案内所で聴くと武家屋敷を1周すると1時間半とのこと。
せっかくなので歩く決心をし、早足で1時間15分でまわった。

5.奥羽本線 秋田新幹線こまち36号 盛岡行き
  角館駅17時15分発 盛岡駅18時0 5分着

はやぶさ到着まで約1時間。
盛岡駅構内をぶらついた。
さぁ、いよいよ旅の目的はやぶさ6号「グランクラス」に乗る時間となった。

6.東北新幹線 はやぶさ6号 東京行き
  盛岡駅19時04分発 東京駅21時24分着
d0167223_14501010.jpg

d0167223_10283679.jpg

d0167223_10293733.jpg

d0167223_10304289.jpg

d0167223_1242611.jpg


飛行機のファーストクラスとビジネスクラスの中間くらいの座席の作りで、なかなか快適だ。
アテンダントもスチュワーデスのような振る舞いで気分がよかった。
いちど乗ってみる価値はある。

7.中央本線 かいじ121号甲府行き
  東京駅21時45分発 甲府駅23時41分着
d0167223_13534775.jpg


この旅の自分のルール、本日中に甲府駅到着は守れた。
1年に1回、この乗り鉄の趣味も無事終了し、ストレス解消、頭すっきり。
ロープウェー山頂でお客様に喜んでいただけるアイデアがまた続々と浮かんできそうな気がする。
このブログを7日間読んで頂いた方々に感謝....
[PR]
# by shosenkyo-r_01 | 2012-12-11 16:28 | 放浪旅
放浪の旅 北編 12月1日(6日目)
今日の予定は札幌を早朝に出て函館 、青森の市場を巡るつもりだった。

昨夜は友人たちに歓待され過ぎ、極上生ラム肉のジンギスカンを食べ過ぎ、夜のススキノで遊び過ぎ、ホテルでの目覚めは10時を過ぎていた。

時刻表を見るのも面倒になり、急に「北のカナリヤたち」を観ようと思い立ち、札幌駅JRタワーの上のシネコンに行った。
やはりここも「嵐」のコンサート前の女性ファンだらけだった。
チケット売り場の列が長く、映画は少し始まってしまったが、北海道で見る価値はあった。

1.室蘭・函館本線 特急スーパー北斗16号函館行き
  札幌駅14時52分発  函館駅18時09分着
d0167223_10164346.jpg



2.津軽海峡線 特急白鳥96号 新青森行き
  函館駅18時19分発 青森駅20時14分着
d0167223_10224026.jpg

d0167223_1023045.jpg


青森駅前左横に、小さな呑み屋街がある。
その中の食堂が好きで、貝殻に入ってくるホタテの刺身(肝入り)が絶品なのだが、ギリギリ間に合わず閉店になっていた。
適当なところで夕食を済ませ、駅前のホテルに飛び込みすぐに寝た。

                                                つづく...
[PR]
# by shosenkyo-r_01 | 2012-12-11 10:25 | 放浪旅
放浪の旅 北編 11月30日(5日目)
北斗星に乗って北海道は 札幌へ

1.寝台特急北斗星 札幌行き
  上野駅19時03分発 登別駅9時49分着

寝台特急北斗星の個室でぐっすり眠った。
翌朝6時半ごろ目覚めた。
気がつくと函館駅だった。
d0167223_920747.jpg


しばらくすると噴火湾 。
沿線は雪景色。
d0167223_9215771.jpg

d0167223_103546100.jpg


時刻表を見ていると、登別に停まることに気が付き、せっかくの北斗星だが、ここで別れを告げることにした (登別10時20分着 30分遅れ)。
d0167223_9261960.jpg



温泉街の銭湯 さぎり湯に寄りたかったが、数日前からの嵐による停電ですべて休業中。
30年来の友人はトラブルで忙しい中、隣の虎杖浜の温泉銭湯に連れて行ってくれた。
海の間近にあり素晴らしい湯だった。

2.室蘭本線 特急北斗5号 札幌行き
  登別駅11時53分発 苫小牧駅12時15分着

苫小牧の友人は、何も言わなくても私の大好きな、マルトマ食堂に連れて行ってくれた。
d0167223_9293855.jpg

d0167223_9301042.jpg


ここは漁港のど真ん中にあり、他の店はガラガラ。
ここだけ行列という不思議な店で、それだけの価値のある美味しさ。

3.千歳線 特急すずらん5号 札幌行き
  苫小牧駅14時18分発 札幌15時08分着
d0167223_9332426.jpg


久しぶりの札幌なので、JRタワーや大丸などぶらついていると、年代を問わずどうも女性で溢れている気がした。
理由は今日から三日間、「嵐」のコンサートがあるとのこと。
お陰でどこのホテルも満杯なので、裏技を使ってプリンスホテルをおさえた。

夜遅くのススキノも、おばさん達で溢れかえっていた。
                                           つづく...
[PR]
# by shosenkyo-r_01 | 2012-12-11 09:38 | 放浪旅



昇仙峡ロープウェイ「社長」が日々思うこと
by shosenkyo-r_01