<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
岩茶の魅力
ニューヨークに住んでいた25年前、チャイナタウンのお茶屋で、中国茶と出会いました。以来色々な中国茶を愛飲しています。初めの10年くらいは香りと水色が好きで阿里山高山茶などの台湾烏龍茶を飲んでいました。夏にはこれでアイスティーを作って友人にふるまうとペットボトルの烏龍茶との違いに皆びっくりしていました。

その内、もうひとつのシルクロードと言われる「茶馬古道」のことを知り、これがきっかけで雲南プアール茶を飲むようになりました。プアール茶は長い年月で自然発酵させていく生茶と人工的に菌を発生させて発酵を促す熟茶と2種類あります。市販のものの殆どは熟茶と思ってよいです。

生茶はビンテージの度合いで値段が高くなるのですが、高ければ必ず美味しいかというとそうでもないです。いくらでも偽物があるので、要注意です。何回か失敗をしましたが、今ではビンテージの旨み甘みをしっかりと舌で把握出来るようになりました。それからしばらくして、何かのエッセイで岩茶の事を知りました。この頃、北海道札幌に住んでいたので、数少ない中国茶店を探して、最高級の岩茶だという大紅抱を購入しました。かなり高かったのですが、台湾茶とは全く違う強烈な香りは衝撃的でした。これ以降色々な岩茶を飲み分けています。

この夏、岩茶愛好者訪中団に加わり中国福建省の武夷山へ行きました。今は中国政府の管理下にある念願の大紅抱の原木を見て、岩茶研究所の劉所長を訪問。本物の職人技による手作り岩茶完成までの苦労話を聞き感動し、すぐそのお茶をたっぷり飲ませてもらい更に感激しました。帰りに東南アジア最大という広州の茶市場に寄り、岩茶・プアール茶の他に珍しい茶器を購入し、満足の旅でした。

岩茶に興味のある方は『岩茶のちから(左能 典代・著)』に岩茶の事や、前述の劉さんの事が詳しく書いてあります。

また、「岩茶房」でも岩茶の事はよくわかります。
[PR]
by shosenkyo-r_01 | 2010-09-20 09:57 | 趣味
日米2人のナックル姫
日本女子プロ野球は2チームのスタートながら、彼女たちが大好きな野球にひたむきに取組む姿勢がマスコミにも紹介され少しずつファンが増えてきているとのことです。

さて、御存じの人も多い吉田えり投手(18歳)は、現在アメリカはカリフォルニアの独立リーグのゴールデンベースボールのチコ・アウトローズというチームで紅一点頑張っています。えりが野球に興味を持ったきっかけは、レッドソックスの有名なナックルボーラー ティム・ウェイクフィールド投手のピッチングを見た事だといいます。今春えりは幸運にもその本人からナックル投法の極意をアドバイスしてもらいました。まだ勝星こそないえりですが、えりを見たさに球場に足を運ぶ女性ファンが増えているといいます。

一方アメリカでは13歳の天才野球少女チェルシー・ベーカーが大きな話題を呼んでいます。フロリダ州のリトルリーグで、ナックルを武器に4年間負け知らずの投手です。昨年から2度完全試合を達成し、「米国内リトルリーグでトップクラスの選手」の評価です。勿論女子は彼女だけです。8歳の時に大リーグで221勝を挙げたナックル投手、故ジョー・ニークロに直接投げ方を教わったといいます。驚くべきはピッチャー以外に捕手も内野手も出来、なんと6割4厘の打率を記録しているようです。

将来はプロ野球選手になる事を夢見ているチェルシーですが、この度 2度の完全試合達成の功績を認められ女性ではただ一人野球殿堂入りを果たしました。ニューヨーク州クーパーズタウンの殿堂博物館には、チェルシーが完全試合達成の時に着ていたユニフォームが寄贈されました。
[PR]
by shosenkyo-r_01 | 2010-09-05 10:45 | ロープウェイ
リトルリーグ野球 ワールドシリーズ(後篇)
前回のあらすじ

御承知の通り、アメリカの大学スポーツはNCAA(エヌ シー ダブルエー)という全米体育協会がバスケットボール・フットボール・野球等のリーグを主宰します。とりわけ全米が熱狂するのがNCAA男子バスケットボール・トーナメントです。出揃った16チームをスイートシックスティーン、準々決勝の8チームがエリートエイト、準決勝4チームをファイナルフォーと呼んでアメリカ人は騒ぎ楽しみます。特にファイナルフォーでその頂点に達します。

ボビーは日本の高校野球(甲子園)人気がアメリカのNCAAバスケットボールのそれと同じくらいだという説明をして、日本球児が甲子園出場を夢見る事をアメリカ人に”なるほど”と解らせるのでした。流石日本通のアメリカ人、ボビーならではです。
[PR]
by shosenkyo-r_01 | 2010-09-04 10:05 | ロープウェイ
リトルリーグ野球 ワールドシリーズ(前篇)
アメリカ現地時間8月29日(日曜日)リトルリーグ(9~13歳)の決勝戦が、3万人の観衆で埋め尽くされたペンシルバニア州(リトルリーグ発祥の地)のスタジアムで行われました。
アメリカ代表ハワイ対日本代表江戸川南(松坂大輔投手も在籍していた名門)の戦いは江戸川南が勝ち、見事日本が7年振りに世界一に輝きました。何故このブログに取り上げたのかというと、日本とアメリカの報道の違いにびっくりしたからです。
日本では殆ど気が付かないくらいの扱いだったのですが、現地アメリカの熱の入れようは以下の通りです。

アメリカ3大ネットワークのひとつABC放送がアメリカ代表の決勝戦、シリーズの準決勝戦、そして決勝戦この3試合すべてをTV放映しました。特に決勝戦は現地時間日曜日12時からという、スポーツ中継としては最高のゴールデンタイムでした。実況がスポーツ中継では「超」の付く有名スポーツキャスター ブレント・マスバーガー、解説は大リーグ通なら必ず知っている往年の名投手 オーレル・ハーシハイザー、そしてベンチレポートが日本でも人気だった前千葉ロッテ監督・現ESPN野球解説者、あのボビー・バレンタインという驚くべき陣容です。

ボビーは日本の勝因として、「練習熱心」「良き指導者」「素晴らしい環境」の3つを挙げ、加えて日本の小中学生くらいの野球少年たちの目標が高校野球・甲子園出場にあり、これが彼らの練習意欲の原動力になっている事をアメリカ人に解り易く説明していました。
[PR]
by shosenkyo-r_01 | 2010-09-02 12:50 | ロープウェイ



昇仙峡ロープウェイ「社長」が日々思うこと
by shosenkyo-r_01