<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
拡大するアメリカのスポーツビジネス
今、読売新聞のシリーズ特集記事「メガチャイナ」が面白いです。
8月18日付の記事はアメリカ大三プロスポーツ界が、中国の巨大マーケットに照準を当て、外交・経済の米中摩擦をよそにスポーツ界は蜜月ムードという内容でした。アメリカはビジネスとしてのスポーツを貪欲に拡大・発展させて行きますが、この点、日本との隔たりは大きいです。記事は各スポーツに各々触れています。

まず先行したのはNBA(バスケットボール)で、02年ドラフト1位でヒューストン・ロケッツの姚明(ヤオ・ミン)が誕生。日本でもファンは多いのですが、身長2メートル29センチのリーグを代表する名センターです。彼の活躍で、中国では毎回約4千万人がゲームを見、アメリカ・ヒューストンの会場は漢字広告で溢れています。

次にMLB(ベースボール)は「中国から『イチロー』を」を合言葉に昨年、江蘇省無錫市にMLB野球発展センターを設立。一流選手育成を目指しています。また中国TV局と組み、大リーグゲームを放映しグッズ店も100店舗以上展開します。中国からスターが出れば、13億人の市場を視野にファンの拡大を図れます。

そして、最後にアメリカで一番人気のNFL(アメリカンフットボール)。今季「中国のゴジラ」という愛称の新人が誕生しました。バッファロー・ビルズのオフェンス・タックル エド・ワン 初の中国系選手です。NFLの期待は大きく、エドのおかげで中国側の関心はうなぎ登りで、現在1600万人とされるNFLファンを5~7年で1億人の大台に乗せたい考えだといいます。

以上がメガチャイナの内容です。

私の大好きなNFLは9月9日にシーズン開幕となります。前評判は非常に低い前述のバッファロー・ビルズですが、オフェンス・タックルとしてオフェンスを守るエドの活躍に皆さんも注目してください。
[PR]
by shosenkyo-r_01 | 2010-08-25 12:01 | ロープウェイ
続・注目! ミネソタ・バイキングス
>> 前回のあらすじ

・・・これにより、
ラスベガスのスーパーボール覇者カケ率で、バイキングスは一気に上位へと躍り出ました。

毎年シーズン開幕の特別ゲームが9月9日(日本時間は10日)に行われます。何と今年は昨年のカンファレンス決勝戦の再戦となるミネソタ・バイキングス対ニューオリンズ・セインツの一戦となりました。

昨年のゲームでファーブはセインツ守備陣に何度も強烈なタックルを浴びせられ前述の左足首を負傷、チームもオーバータイムの末敗れました。この結果セインツはインディアナポリス・コルツとスーパーボールを戦い、見事昨年の覇者となりました。

セインツQBドリュー・ブリーズは、昨年のファーブの仇討に燃えているバイキングス守備ラインの報復を恐れおののいているとの情報もあります。

そして、このゲームはCS放送G+で日本時間9月10日 AM9:15からライブ中継があります。必ず好ゲームになること受け合いですので、初めての方も是非ご覧になってください。
[PR]
by shosenkyo-r_01 | 2010-08-21 12:34 | ロープウェイ
注目! ミネソタ・バイキングス
8月13日付ブログでNFLの観戦をおすすめしました。注目のバイキングスQB(クォーターバック)ブレッド・ファーブの去就ですが、昨日ファーブは現役続行を表明し、全米メディアがこれを繰り返し大きく報道しました。

チームの指令により三人の現役中心選手が、異例の事ですがミシシッピーのファーブ邸におもむき、左足首(昨年のカンファレンス決勝戦で負傷)に不安を抱えるファーブの現役復帰説得に成功したそうです。
[PR]
by shosenkyo-r_01 | 2010-08-20 17:39 | ロープウェイ
至極のスポーツ観戦、それがNFLだ!
日本人選手も活躍するアメリカの野球(MLB)は日本でも話題になりますが、アメリカンフットボール(NFL)となると、あまり無いです。

見るスポーツの一番面白いところを集約したものがNFLのゲームで、これ以上スリリングなスポーツ観戦は他に無いと思われます。難点は少しルールが複雑で、馴染む前に「面白くない」と諦めてしまう方が多いことです。ちょっと我慢をして内容が解ってくると「こんなに面白いとは知らなかった」ということになります。

このブログを機会に今年(9月よりシーズン突入)から入門してみてはいかがでしょうか?

まずはゲームの中継。NFL Weekly・USベストスポーツのNHK-BSIの番組をチェックします。CS放送のGAORA、G+ならライブ中継もみれます。

今、全米の話題の中心はミネソタ・バイキングスのQB(クォーターバック)Brett Favre(ファーブ "vとr"のスペルが逆だがこれで正しい)の去就問題です。今年41歳になる彼は日本でいえば、かつての王・長嶋を併せた以上の人気の大スターです。2年前、20年近く在籍したグリーンベイ・パッカーズで涙の引退発表をしました。ところが開幕直前、これを撤回しニューヨーク・ジェッツへ移籍。その年、ニューヨークっ子もビックリの大活躍をしました。
そして1年前、また同じ様に引退発表・撤回で今度はなんと古巣グリーンベイのライバル ミネソタ・バイキングスと契約し、スーパーボール進出こそ逃したものの、ここでもとてつもない活躍をしてマスコミ等批判分子を黙らせました。

いよいよ今年です。開幕まで1カ月を切っているのにファーブは引退も現役続行も発表していません。連日マスコミはこの話題でもちきりで、先日スポーツ専門チャンネルESPNは全米の視聴者にアンケートを実施した結果、7対3で現役続行支持が多かったのです。
あと1年ファーブを見たいし、活躍できず途中引退になるのは見たくないしと、ファーブ・ファンはやきもきしています。

ファーブが現役続行となればぜひ皆さんも大注目して欲しいです。
[PR]
by shosenkyo-r_01 | 2010-08-13 16:41 | ロープウェイ
夏は野球だ!!
日本では今、巨人・阪神の首位争いに手に汗を握り、そして夏の風物詩、甲子園の高校野球が始まります。

海の向こうでは日本人ファンも多いNYヤンキースのアレックス・ロドリゲス(A.ロッド)が、待望の600号本塁打をヤンキースタジアム センター席に放ちました。サミー・ソーサの609号はシーズン中に捕まえるとして、バリー・ボンズの最多記録762号まであと162本。今シーズン中にあと12本程度は打てるでしょうから、引退までに150本打てるか否かです。現在35歳のA.ロッドですが、あと5年 40歳までヤンキースで活躍すると仮定して、年平均30本打てば新記録達成です。

年々力が衰えるでしょうから達成はギリギリだと思うのですが、
毎年話題に登るに間違えないです。

ところで、
一番心配なのがイチローの10年連続200本安打の達成です。8月3日で200本まであと64本。こちらも達成できるかどうか微妙となっています。何とかこの偉業は達成してほしいと祈る気持ちで毎日応援しております。
[PR]
by shosenkyo-r_01 | 2010-08-05 16:09 | ロープウェイ



昇仙峡ロープウェイ「社長」が日々思うこと
by shosenkyo-r_01