<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
今 アメリカの国民的関心事項とは?
先々週NewYorkに5日ほど滞在していました。
午前中はホテルでスポーツ専門チャンネルESPNを毎日見ていました。
アメリカは殆どのスポーツがプロリーグを持っています。
また、アマチュアスポーツでも日本の高校野球(甲子園)に匹敵する、全米が熱狂するカレッジバスケ、カレッジフットボールなどがあり、スポーツ観戦好きにはこたえられません。
日本のプロスポーツはダントツでプロ野球ですが、アメリカはNFL(プロフットボール)、NBA(プロバスケットボール)、MLB(プロ野球)の順で続きます。

プロ野球(MLB)は日本同様後半戦に入って俄然熱を帯びてきていますが、
それとは別に毎日ニュースを賑わしているのが、NBAレブロン・ジェームズの移籍問題です。

彼はNBAファンならずとも、マイケル・ジョーダンの再来として、アメリカでは知らぬ者無しの大スターです。驚くべき事は、彼がESPNを動かしたらしいのですが、「The Decision(決定)」という特番がゴールデンタイムに放映されました。この中で、クリーブランド・キャバリアーズ(CAVS)からマイアミ・ヒート(Miami Heat)への移籍が本人の口から語られました。

放映後の巷の話題はこれでもちきりです。

レブロンが居なくなるオハイオ州クリーブランドでは年間30億円以上の損失とさえ囁かれているそうです。また、例年クリスマス・イブに放映される高視聴率のNBAゴールデンカードは、予定を変更してロサンゼルス・レイカーズ(Los Angeles Lakers:昨年の覇者)対マイアミ・ヒートになるらしいです。

MLBのイチロー・松井・松坂も気になりますし、8月に入るとNFLのオープン戦も始まり、私にとってはとても忙しいシーズンに突入となります。
[PR]
by shosenkyo-r_01 | 2010-07-29 11:42 | ロープウェイ
NYの釣り
ニューヨーク(NY)時代の私の釣りの師匠森義則氏は2年前に亡くなりました。森さんは開高健の著書『オーパ!』にも登場する、その筋ではちょっとした有名人でした。

私がNYを去ったあと、森さんに弟子入りしたのが私の元部下のマチコで、知る人ぞ知るNY釣り界を牛耳る女流釣り師です。

7月20日、マチコに誘われてヒラメとシーバスの釣りに出かけたのですが、釣れるのはスケートというエイばかり。マチコも上司の急逝の為元気がなく珍しく船酔いをして不調でしたが、さすがは釣り師、終了近くに美味しそうなシーバスを釣りあげました。

早速塩焼で食べたいところでしたが、重量規制によりシーバス君は食卓にのぼる事無く無事海に帰って行きました。NYの釣りに対する規制は日本のソレより厳しく、ある一定以上の重量(シーバスなら1kg程だったと思います…)が無ければ持ち帰ってはいけない事になっています。

この日は船に20名以上乗っていましたが、キープ(制限をクリヤし持って帰れる事が)できた魚がヒラメ・シーバス各1匹づつでした。キーパーサイズ以下はそこそこ釣れていたのですが…。

釣りを末永く楽しむために、特に貴重な高級魚は大きさ・重さの制限と数量の制限(例えば、ヒラメはキープ2枚、シーバスは3本まで等)を徹底すべきだとつくづく思いました。逆に日本は規制が緩すぎるのかもしれませんね。

参考
>>女流釣り師マチコのブログ 「グンジ家の食卓」
[PR]
by shosenkyo-r_01 | 2010-07-26 12:04 | ロープウェイ
NewYorkの変化
3年振りのNewYork行きでしたが、街並みがきれいになったのが先ず目につきました。

ハーレムであれ、タイムズ・スクウェアであれゴミが殆ど無いのと、浮浪者が居ないのには目を疑いました。もうNYに「危険」という言葉は要らないかもしれません。

それにしても「道路がスッキリ見えるのは何故?」と、はじめは解らなかったのですが、すぐに謎は解けました。

イエローキャブ(タクシー)が綺麗なのです。

以前のN.Yのイエローキャブというと、薄汚れており傷だらけのクルマが多かったのですが、今は5年使用したら新車に替えるというルールが出来たのだそうです。路上には大量のイエローキャブが行き交うのですが、コンパクトで綺麗なクルマばかり。これが道路の景観をスッキリさせている様子です。

乗ってみると、運転席と客席は従来通り防弾アクリル板で仕切られているのですが、座席正面にはTVがあり、画面右下には刻々と料金が表示されています。TVの横にクレジットカードの挿入BOXがあり、簡単に支払いが可能という充実した装備でした。
食事代・宿泊費などは相変わらず値段が高いのですが、幸いにして今は円高なので許容範囲内でした。

不動産は高騰し続けていて、コロンバスサークルの近くに巨大ショッピングセンターが出来るなど、どんどん増改築中で、やはりNYはエキサイティングな街に変わりありません。
[PR]
by shosenkyo-r_01 | 2010-07-24 23:00 | ロープウェイ
親友の急逝
アメリカNY(ニューヨーク)で仕事をしていた際の部下でありジャーナリストの親友の急逝で、
急遽彼の通夜・葬儀出席のため、NYへ飛びました。
彼は30年弱NYに在住し、日本人駐在員をはじめNY日本人社会の中で、大きな影響力を遺しました。

人気者を証明するように、在NY日本総領事をはじめ、ヴァイオリニストの五嶋龍氏親子など、
著名人を含む多くの日本人が出席しました。

>>週刊NY生活デジタル版に記事が出ております。
[PR]
by shosenkyo-r_01 | 2010-07-20 23:00
初めてのブログ
ホームページ・リニューアルを機に生まれて初めてブログを書くことになりました。
どうぞよろしくお願いします。


私はサラリーマン時代、仕事も一生懸命、遊びはもっと一生懸命の生活でした。
知らないことには何でも興味を持つ性格なので、ドンドン趣味が増えていきました。
ニューヨークに8年間駐在していた時にアメリカンフットボール(NFL)観戦にハマり、以来これが最大の趣味となっています。毎年2月のスーパーボールのライブ中継は最優先事項です。
格安チケットが入手できれば、アメリカまで観戦に飛びます。

その他、中国茶・落語・ジャズ・釣り等々… 趣味は色々ありますが、
追々ブログに載せるつもりです。

幸い当ロープウェイには、日本各地からお客様が来てくださいます。
趣味とブログが縁となっていろいろな方々と交流が始まれば、「幸せだなぁ~」と、思っております。
[PR]
by shosenkyo-r_01 | 2010-07-14 16:59 | ロープウェイ
社長 プロフィール
名前 鈴木 康彦 
年齢 66歳 申年生まれ
d0167223_10451522.jpg

早稲田大学卒 読売新聞東京本社入社
40年のサラリーマン生活を経て、3年前に昇仙峡ロープウェイ株式会社社長に就任。
現在、山梨県甲府市内の社宅生活。
[PR]
by shosenkyo-r_01 | 2010-07-14 16:43 | ロープウェイ



昇仙峡ロープウェイ「社長」が日々思うこと
by shosenkyo-r_01