港市場の食堂~温泉 その7 温泉津(ゆのつ)温泉
私の旅は、年1~2回 1週間 目的は趣味の「乗り鉄」 ただひたすら列車に乗る事。
事前に計画は立てない。

大版の時刻表は必需品で、これでその日の目的地を決める。
最終日の今日は乗り鉄を満喫。
(以下 列車に興味無しの人は読み飛ばしてください)

行き
1 東北新幹線 やまびこ
   那須塩原駅 7:52発  東京駅 9:04着

2 東海道新幹線 ひかり
   東京駅 9:33発     新大阪駅 12:30着

3 山陽新幹線 ひかり
   新大阪駅 13:05    岡山駅 14:23

4 伯備線 やくも
   岡山駅 15:05     出雲市駅 17:05

5 山陰本線 スーパーまつかぜ
   出雲市駅 17:18    温泉津駅 18:04

帰り(翌日)
1 山陰本線 スーパーおき
   温泉津駅 15:34    出雲市駅 16:13

2 寝台特急 サンライズ出雲
   出雲市駅 18:55    東京駅 7:08(翌々日)

昨日、乳頭温泉(秋田県)で“ゆのつ”と聞いて懐かしく感じた訳が、ここへ来てみて解った。

実は、男はつらいよシリーズ第13作「寅治郎 恋やつれ」は、ここが舞台になっていた。
又、演歌「石見のおんな」(永井裕子)の三番の歌詞にも登場する。
これらは、タクシーの運転手から教わった。

寅さんも演歌も大好きで、寅さんは全48作全て二回以上見ているし、この演歌も何回か聞いて覚えている。
しかし、温泉津とは気がつかなった。

前置きが長すぎたが、今日の目的は温泉津 薬師湯。
わざわざ従業員の人が出迎えてくれ、駅から薬師湯までの道を案内してくれた。
d0167223_11452914.jpg

d0167223_11454722.jpg


徒歩20分程だが、何しろゆったりのんびりと時間が止まってしまったような感覚になる 素敵で不思議な街並みだ。

薬師湯に到着。
d0167223_11462667.jpg


大風呂と貸切風呂の二つ。
d0167223_1293855.jpg

夜8時過ぎで誰もいない。
お湯の色は茶のような緑のような不思議な色だ。

毎日微妙に変わると言う。

飲んでみると酸味の中に甘味のある珍しい味だ。
温度は42度くらいで丁度良い。
湯船のまわりに湯の華の固まりが石になっている。
特に貸し切り湯は一人占めなので一回入る度にため息が出る。
私にとって、このため息が極上温泉の証だ。
結局1時間半入っていた。

帰り夜10時過ぎなのに神社で御神楽をやっていた。
鬼が龍の口に短剣を刺すところは凄い迫力だった。
島根県はやはり神の国、至る所で御神楽をやっているそうだ。
d0167223_1147054.jpg

d0167223_11472269.jpg


翌朝の薬師湯、無理を言って貸し切り湯を独占。
三階の休憩所と温泉を行ったり来たりしてあっとゆう間に午前中は過ぎた。
d0167223_1159752.jpg

                                       (三階から見た町並み)

薬師湯の隣りのカフェで温泉を使ったランチを食べた(今日は休みなのに特別作ってくれた)。滋味に溢れた実に美味しい料理だ。
d0167223_11491449.jpg

何しろカフェの女性マネージャーはじめ、ここの従業員さんは町並み同様 皆 おっとりと、あったかく、優しい。

最後に薬師湯のはす向かいの温泉 元湯(300円)に入った。

薬師湯と全く違う源泉で、とにかく熱い。
多分46~47度くらいあると思う。

地元の常連さんは1分入って休み また 入ってを繰り返し日がな過ごすらしい。

お年寄りばかりだが皆 良い顔をしている。

私も出入りを三度繰り返しただけで充分汗だくになった。
d0167223_11495723.jpg


極上温泉に入り続けたお陰で、体の細胞が全部入れ替わった様な爽快感で、寝台特急サンライズ出雲に乗るため、出雲市へと向かった。

今度来る時は、山陰の漁港と市場を巡りながら、石見銀山(世界遺産)、温泉津漁港(沖泊)に寄り 薬師湯・元湯へたどり着く事にしよう...
d0167223_11581891.jpg

                                           (沖泊)

                                                   おわり
[PR]
by shosenkyo-r_01 | 2013-03-24 11:59 | 放浪旅
<< 和合権現の社務所が完成しました。 港市場の食堂~温泉 その6 ... >>



昇仙峡ロープウェイ「社長」が日々思うこと
by shosenkyo-r_01