港市場の食堂~温泉 その6 乳頭温泉郷 湯めぐり
六畳の狭い部屋だが、グッスリと寝むれて、スッキリと目覚めた。
早朝の露天風呂を満喫し、美味しい朝食を食べ、最後に白湯・黒湯に入り、充分に鶴の湯を堪能した。
乳頭温泉郷には、七つの源泉が異なる温泉がある。鶴の湯だけがポツンと離れていて、後の六つは比較的かたまっている。
今日は購入した「湯めぐり帳」(1500円 一年間有効)を使って、歩いて立ち寄り湯をして見る。

スタートは蟹場温泉。
d0167223_1336828.jpg

TVの撮影にぶつかり 40分ほど待たされたが雪の回廊を下って行く。
d0167223_13373732.jpg

森の中の大露天風呂は絶景だった。

次が孫六温泉。
d0167223_13494362.jpg

d0167223_13505376.jpg

片道1キロ弱の小さな露天風呂が幾つもある秘湯だ。

続いて、大釜温泉。
d0167223_13515614.jpg

d0167223_1348478.jpg

d0167223_1338589.jpg


緑色の泉色、大きな湯船、隣接する露天風呂、とても良い湯だ。
不思議なことが二つ。
露天風呂のお湯の温度が室内よりもずっと高い事、又、受付のおばさん(経営者)があり得ない程無愛想な事。

残り三ヶ所。
妙乃湯は女性に一番人気らしいが、掃除中だった。
d0167223_13524337.jpg

黒湯は冬期休業中。

最後のホテル休暇村には、1時過ぎにたどり着いた。
d0167223_1353756.jpg

湯めぐり中、知り合いになった神戸から来られているご夫妻と昼食をともにした。
温泉談議に花が咲き、お二人が日本一と推すのが島根県の温泉津(ゆのつ)温泉だという。
初めて聞く地名なのに、何故か懐かしい感じがして明日は湯泉津行きを決めた。
夫妻にそれを言うと 「え!嘘でしょう」と言っていた。

今回の私の旅の日程は明日が最終日、充分に[乗り鉄]をする事になる。


つづく
by shosenkyo-r_01 | 2013-03-23 09:00 | 放浪旅
<< 港市場の食堂~温泉 その7 温... 港市場の食堂~温泉 その5 ... >>



昇仙峡ロープウェイ「社長」が日々思うこと
by shosenkyo-r_01
昇仙峡ロープウェイHP
カテゴリ
全体
放浪旅
趣味
ロープウェイ
未分類
以前の記事
2015年 05月
2015年 03月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
津軽鉄道レール・オーナー
at 2015-05-02 14:24
東北の旅4日目(最終日)
at 2015-03-19 09:34
東北の旅3日目
at 2015-03-18 12:26
東北の旅2日目
at 2015-03-17 09:39
東北の旅 1日目
at 2015-03-15 15:59
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧