港市場の食堂~温泉 その2 氷見漁港
福井駅から高岡駅に戻って 氷見線で氷見駅へ 。

接続悪く 10時半頃着。

忍者ハットリ君の商店街を抜けて徒歩20分、氷見漁港にたどり着く。
d0167223_9203078.jpg

d0167223_9215648.jpg


遅かったので市場は、イワシの水揚げをしている船が2~3あったのみで静かだった。

しかし市場に隣接する活気溢れる鮮魚店街、食堂を期待したが、市場二階の食堂 "海寶"だけ残して後は無くなっていた。
d0167223_9222499.jpg


昨年、少し先の橋を渡った所に大きな「道の駅」が出来、そこへ全部移転したとの事。

がっかりしながら行って見たが、日帰り温泉施設を併設した一大観光客用の市場に変身していた。

これも北陸新幹線に向けての準備なのだろう。

青森・函館の市場も綺麗なビルの中に入ってしまい、全然 面白くなくなった。

お世辞にも綺麗とは言えない が、雑然とした、活気みなぎるあの昔の市場は無くなってしまうのだろうか?

道の駅内の ブリ大根はひどかった。

気分直しに前述の市場二階の"海寶"で遅い昼食。

まずまず合格点。

氷見漁港で一番面白かったのは、巨大カラスと巨大トンビが港の上空を 物凄い数で乱舞している光景だ。

黒と茶色が空の青と雲の白に入り混じって見事だ。

食堂のおばちゃんによると餌が多すぎる位豊富なので、 ドンドン集まり、ドンドン 大きくなるそうだ。

うかつにも 電池切れで 写真を撮り損なった。

一年中居るそうなので、鳥好きの方に是非良い写真を一枚、撮って頂きたいものだ。
d0167223_9225219.jpg

氷見駅前 レトロな映画館(現役)



つづく
[PR]
by shosenkyo-r_01 | 2013-03-19 09:00 | 放浪旅
<< 港市場の食堂~温泉 その3 八... 港市場の食堂~温泉 その1 ... >>



昇仙峡ロープウェイ「社長」が日々思うこと
by shosenkyo-r_01