NFL(アメリカン・フットボール)開幕と9.11
9.11同時多発テロから今年で10年目、
NYのグラウンド・ゼロをはじめ、アメリカ各地のセレモニーの様子は

日本のTVニュースでも多く放映され、
ご覧になられた方も多いと思います。

特にNYで生きる人々にとっての9.11は忘れられない特別な日です。

そして、アメリカ最大のプロスポーツNFLの
今年の開幕日が9.11(日)となりました。
この日は全米各地で14ゲームの開幕戦が行われました。

その中で、 何といっても大注目だったのは
NYJ(ニューヨーク・ジェッツ)が DAL(ダラス・カウボーイズ)を
ホームに迎えての1戦です。

このスタジアムは、 NYグラウンド・ゼロ(旧世界貿易センタービル)から
ほんの数キロという、テロの標的になりかねない所にあります。

さて、NYJはここ2~3年の躍進がめざましく、
ニューヨーカーが、 今年こそはスーパー・ボール進出を願っているチームです。

相手のDALは「アメリカズ・チーム」と呼ばれ、
全米のアメリカ人が最も愛するアメリカを代表するチームです。



NFLは9.11の記念日にふさわしい組合せを演出しました。

あまり報道されていませんが、
ペンタゴン(国防総省)、NYPD(NY市警察)、FDNY(NY市消防局)など、
この日に向けて想像を絶するテロ対策が施されたことと思います。

CS放送のライブ中継では、
満席のスタジアムの中から各界の有名人の顔が次々と映し出され、
華やかさとスケールの大きさを感じさせます。

ゲーム開始前のセレモニーは、
フィールドいっぱいの巨大星条旗をNYPD、DFNYのスタッフが手で広げ、
国歌斉唱で始まりました。

目にいっぱいの涙を溜めた消防局のスタッフの顔が、
アップされたのが特に印象的でした。


ブッシュ前大統領のコイントスでゲームはスタートしました。

試合はDALが終始リードし、NYJが必死で喰らいついて行くという
スリリングな展開でしたが、
終盤にDALに14点差(2タッチダウン差)を付けられ、
NYJの負けを覚悟し、スタジアムには重たい空気が流れていました。
ところが、最後の最後に相手のミスに付け込み

何とNYJが3点差の大逆転劇を演じました。

場内は狂わんばかりのお祭り騒ぎとなりました。



10年目の9.11という特別な日に、

ニューヨークファンの、
とてつもない大声援が NYJを勝たせたのではないかと思いました。
[PR]
by shosenkyo-r_01 | 2011-09-19 13:51 | 趣味
<< MLB(アメリカ プロ野球)奇... 久し振りの「浮き富士」 >>



昇仙峡ロープウェイ「社長」が日々思うこと
by shosenkyo-r_01