港市場の食堂~温泉 その5 秋田 乳頭温泉 鶴の湯
新青森から盛岡へ 秋田新幹線に乗り換え田沢湖で下車、さらにバスで40分行った所で、迎えの車に乗り移る。鶴の湯に着いたのは、午後5時過ぎ。
d0167223_1694372.jpg

幾つものかまくらが、灯りをともして迎えてくれる。
d0167223_16101729.jpg

昨日、酸ヶ湯から予約を取った時は、トイレ無しの六畳の部屋が一つ空いてるだけだった。
その位ここは人気なのだ。
d0167223_1075344.jpg

夕食前に小屋の風呂「白湯と黒湯」に入った。
それぞれ源泉が違うらしい。飲泉をして見たが、味はほぼ同じ。
白湯は酸ヶ湯と同じ泉色だが、湯の当たりは月とスッポン。
白も黒も、何回でも入りたくなるお湯だ。

極楽気分での夕食がまた格別だった。
本当に素朴な田舎料理が数々並ぶ。どれも実に美味しい。 いぶりガッコを旨いと思
った事は一度もなかったが、ここの手作りのは、やみつきになりそうだ。
圧巻は、囲炉裏に吊った大鍋からお椀に取り分けてくれる山の芋汁。
オーバーだが、人生初めてぐらい美味しかった。

1時間ほど休憩して、幸せ気分で大露天風呂(混浴)へ。
掛け流しの源泉はどんどん出ているが、外気の為かちょっとぬるい。
ところが、ゆっくり動きながら探すと所々足元のジャリ石の間から熱い源泉が湧き上がって出て来る。
これで丁度よい湯加減になる。
これぞまさしく至福の時。

部屋に戻る途中、白湯、黒湯に再び入り
本日はこれにて終了・・・。


つづく・・・
[PR]
by shosenkyo-r_01 | 2013-03-22 00:00 | 放浪旅
<< 港市場の食堂~温泉 その6 ... 港市場の食堂~温泉 その4 青... >>



昇仙峡ロープウェイ「社長」が日々思うこと
by shosenkyo-r_01
昇仙峡ロープウェイHP
カテゴリ
全体
放浪旅
趣味
ロープウェイ
未分類
以前の記事
2015年 05月
2015年 03月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
津軽鉄道レール・オーナー
at 2015-05-02 14:24
東北の旅4日目(最終日)
at 2015-03-19 09:34
東北の旅3日目
at 2015-03-18 12:26
東北の旅2日目
at 2015-03-17 09:39
東北の旅 1日目
at 2015-03-15 15:59
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧